From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Blender Screencasts

(Blenderの画面を録画する (スクリーンキャスト))

モード: すべてのモード

ホットキー: AltF3

ショートカット AltF3 でスクリーンキャスト機能を開始します。スクリーンキャストは画面操作を動画や連番画像に記録し続けます。出力形式や出力場所は レンダー(Render)コンテキスト ウィンドウの 出力パネル で指定します。 スクリーンキャストはデフォルトでは 50ミリ秒ごとに PNG 画像 をキャプチャーし、/tmp フォルダに保存します。動画に記録したい場合には 出力(Output)パネルで、お使いのシステムが対応している 動画ファイル形式 を選びます。お使いのシステムのサポートするビデオコーデックがわからないときは、AVI JPEG を選んでください。

ユーザー設定エディタにあるオプション

動画の FPS または 連番画像の撮影間隔は ユーザー設定 ウィンドウの システムパネル で指定します。 (図「ユーザー設定エディタにあるオプション」をご覧ください。)

音声対応
Blender のスクリーンキャストは録音に対応していないので、他のソフトウェアを使って自分で録音する必要があるでしょう。例えば Audacity を Blender と組み合わせて使います。


Blender のスクリーンキャストを開始すると 情報(Info)ウィンドウ のヘッダーが変わり、録画停止ボタンが表示されます。

下の画像「通常操作時の情報ウィンドウ」は、Blender を普段操作しているときの 情報ウィンドウのヘッダーです。スクリーンキャストモードに入ると、録画停止ボタンが現れます(画像「録画停止ボタンのある情報ウィンドウ」)。

通常操作時の情報ウィンドウ


録画停止ボタンのある情報ウィンドウ

(備考: ヘッダー画像は Blender 2.61 のものです)

録画を止める唯一の方法
情報ウィンドウのヘッダーにある停止ボタン以外の方法で、録画を止めることはできません。Esc を押すショートカットは通常のインタフェースの Blender で行った操作には効果がありますが(アニメーションなどを止めたりはできます...)、録画は止められません。


寸法パネルのフレーム範囲

ファイル名の後ろにはフレーム番号が入ります。フレーム番号はレンダー(Render)コンテキスト の寸法(Dimensions)パネルにある、開始フレーム終了フレームで与えられた範囲内の数字になります(画像「寸法パネルのフレーム範囲」で黄色にハイライトされた部分)。

Blender3D FreeTip.gif
重要:
寸法パネルのフレーム範囲の終了フレームの設定は、録画を自動的に終了させません。常に、停止ボタンを使って手動で停止する必要があります。


動画の各フレームは作業中のウィンドウの幅と高さを使って、内部的には スクリーンショットと同じ手順で生成されます。動画ファイルへの保存を選ぶと、生成されたフレームがビデオコーデックに渡されます。

警告: コーデックによっては出力の幅や高さ、ビデオの品質に制限のあるものがあります。

  • 連番画像として スクリーンキャスト を保存すると、画像は Blender のウィンドウ全体の幅と高さを持ち、画像品質は形式(JPG、PNG他)と設定(JPG形式の「品質」スライダー)で変わります
  • 動画形式で スクリーンキャスト を保存すると、各フレームがコーデックに渡されます。コーデックによっては、出力される動画が縮小される可能性があります。また、ウィンドウの特定の幅と高さの組み合わせを処理できないコーデックがあります。この場合 スクリーンキャストは開始しようとしてすぐに停止します。解決策として、他のウィンドウサイズや他のコーデックを選んでください。


Blender Window Dimension

(Blender のウィンドウサイズ)

Blender のスクリーンキャストの出力を標準的な寸法(NTSC、HD、Full HD など)にして、Blender のウィンドウ寸法と出力動画の寸法を一致させる方法があります。 コマンドラインから Blender を起動すると、Blender のウィンドウの幅や高さを制御可能です。コマンドラインからの起動について詳しく学ぶには コンソールウィンドウ をご覧ください。

Addon: 3D View:Screencast Keys

(アドオン)

コミュニティ発のアドオン 3D View:Screencast Keys は、スクリーンキャストの録画中に入力されたキーやマウスボタン、またはその組み合わせを、3D画面の左下隅に表示します。このアドオンは デフォルトで Blender に同梱されています。下の画像はこのアドオンのタブを開いたところです。このアドオンを有効にするには、ユーザー設定 を開いて CtrlAltUアドオン タブに行き、3D View のアドオンを探します。チェックボックス(下の画像では黄色にハイライトされています)をクリックして、アドオンを有効にします。

アドオン:3D View: Screencast Keys


モード: すべてのモード → アドオン有効化

ホットキー: Nプロパティシェルフ を表示 → Screencast Keys タブ

メニュー: View(ビュー) » Properties(プロパティ)Screencast Keys タブ

プロパティシェルフの Screencast Keys アドオンのタブ

アドオンが有効化されると、プロパティシェルフの最後に Screencast Keys セクションが追加されます。

解説

  • Start display ボタン: このボタンを押すと、入力したキーやキーの組み合わせが 3Dウィンドウの左下隅にフローティングテキストとして表示されます。同じキーやキーの組み合わせを繰り返すと、その表示の後ろに繰り返した回数 n を示す「xn」がつきます。
  • Stop display ボタン: は ScreenCast Keys の表示を止めます。
  • PosX: Screencast テキストの X 座標です。
  • PosY: Screencast テキストの Y 座標です。
  • Font: Screencast テキストのフォントサイズです。
  • Mouse: Screencast のマウスアイコンのサイズです。
  • Mouse display: Screencast テキストの表示方法を選びます。
  • Text: 押されたキーやマウスボタンをテキストとして表示します。
  • Icon: マウスをアイコンとして、キー入力をテキストとして表示します。
  • None: キー入力の情報のみ表示し、マウスボタンの情報は表示しません。
  • Group Mouse & Text Check box: 有効にすると、Screencast テキストの周りに枠をつけて見やすくします。
  • Color: Screencast テキストの色を選びます。
Blender3D FreeTip.gif
新しいコミュニティアドオン
Blender 2.5/2.6 用のアドオンで、マウスで選んだ好きな部分のスクリーンショットをとり、直接 Pasteall にアップロードするものがあります。このアドオンには現在開発に関するページがありませんが、完成すればここにリンクします。