From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Procedural textures: Voronoi

Voronoi Texture Panels
よくある用途
非常に説得力のある金属、特に "ハンマー打ち出し模様" の効果。 有機体のシェーダ (例えばうろこ、皮膚の静脈)。
Result(s)
明度(デフォルト)とカラー

オプション

Distance Metric
このプロシージャルテクスチャには、距離メトリックのオプションが7つあります。 これらは、テクスチャのセル間の距離を見つけるアルゴリズムを決定します。 これらのオプションは次のとおりです:
  • Minkovsky
  • Minkovsky 4
  • Minkovsky 1/2
  • Chebychev
  • Manhattan
  • Distance Squared
  • Actual Distance
Minkovskyの設定にはユーザーが定義できる値があり ( Exponent ボタン) 、 この値で距離関数の Minkovsky 指数 (e) を決定します (xe + ye + ze)1/e。 値が1だと Manhattan 距離メトリックを生成し、1未満の値では星を生成し ( 0.5Minkovsky 1/2になる)、そして高い値では正方形のセルを生成します ( 4.0Minkovsky 4になり、 10.0Chebychevになる)。 なので、ほぼすべての距離の設定は基本的に同じです - Minkowskyのバリエーションです。
Actual Distance/Distance Squared オプションを使用すると、不規則な形状の丸みを帯びたセルにすることができます。
Feature Weights
Voronoiパネルの下部にあるこれらの4つのスライダーは、4つのウォーリー定数の値を表しています。これは、テクスチャ内の各セル間の距離を、距離メトリックに基づいて計算するために使用されます。 これらの値を調整することにより、興味深い効果を最終結果に持たせることができます。
Coloring
4つの設定 (Intensity, Position, Position and Outline 、および Position, Outline, and Intensity) があり、4つの異なるノイズ素地を、テクスチャ出力の色と明度の計算メソッドとして使用できます。 このようにして作成したボロノイテクスチャは、 "ウォーリースライダー" で姿をガラリと変え、他のテクスチャにあるノイズ素地の設定と同等になります。

技術詳細

For a more in depth description of the Worley algorithm, see: Worley Documentation(dead link).