From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Procedural textures: Musgrave

Musgrave Texture Panels
よくある用途
有機的な材料、ですが非常に汎用的です。 ほとんど何でも行えます。
Result(s)
明度

オプション

Type
このプロシージャルテクスチャにはノイズの種類が5つあり、それをベースにパターンを出力できます。そしてそれらはタブの上部にあるドロップダウンメニューから選択できます。 5つの種類は、次のとおりです:
  • Hetero Terrain
  • fBm
  • Hybrid Multifractal
  • Ridged Multifractal
  • Multifractal
これらのノイズの種類は、コントラストやスケールを変えた同じパターンをお互いの上に連続的に​​コピーするときの、Blenderのレイヤーの挙動を決定します。

主なノイズの種類は4つの特性をもっています:

Dimension
フラクタルな次元で、テクスチャ内のレイヤーのコントラストを、前のレイヤーと相対的に制御します。 フラクタル次元が高くなると、各レイヤー間のコントラストが高くなり、したがってテクスチャもより詳細に表示されます。 範囲:0〜2。
Lacunarity
Lacunarityは、マスグレイブテクスチャの各レイヤーのスケーリングを制御します。各追加レイヤーが、ボタンに示した値の逆数のスケールを持つことを意味します。すなわち Lacunarity = 2 -> Scale = 1/2 original。 範囲:0〜6。
Octaves
Octaveは、フラクタル次元やlacunarity設定と併用して、オリジナルのノイズパターンをそれ自身の上にオーバーレイさせたりスケーリング/コントラストさせるときの回数を制御します。 範囲:0から8。
Intensity
光の強度。 ヘテロ地形オフセット と呼ばれる。 範囲:0〜10。

ハイブリッドマルチフラクタルリッジフラクタル というタイプには、以下の追加設定があります:

Offset
どちらにも "Fractal Offset" ボタンがあり、 "海抜" での調整の役割を果たし、出力されるバンプマップのベースの高さを示します。 このしきい値以下のバンプの値はゼロとして返されます。 範囲:0〜6。
Gain
関数で作成される値の範囲を決定する設定。 数値が高くなるほど、範囲は大きくなります。 これは、通常は切り取られている端部のテクスチャの、追加的な詳細情報を高速に引き出す方法です。 範囲:0〜6。