From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

プロシージャルテクスチャ: 雲模様

Clouds Texture Panels
よくある用途
雲、炎、煙。 バンプマップとして使用して、マテリアルに全体的な不規則性を与えることに適しています。
Result(s)
グレースケール (デフォルト) 、またはRGB カラー

オプション

Greyscale
標準的なノイズで、明度で表現する
Color
ノイズを、RGB値で表現する
Noise
Soft または Hard、コントラストとシャープネスを変更する
Size
ノイズテーブルの次元
Depth
雲模様 の計算の深さ。 数値を高くするほど、結果がでるまでの計算時間は長くなりますが、ディティールも細かくなります

技術概要

擬似乱数の値を持つ3次元のテーブルを使用すると、そこからのなだらかさの補間値を使って各3次元座標を計算することができます (Ken Perlin氏と、SIGGRAPH 1985年の会議録からの、彼の見事な記事 "An Image Synthesizer"に感謝)。 この計算手法は、Perlinノイズと呼ばれています。 さらに、ノイズベースの各Blenderテクスチャ (ボロノイとシンプルのノイズを除く) は新しく "Noise Basis" 設定を持ち、テクスチャの生成にどのアルゴリズムを使用するのかをユーザが選択できます。