From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Textures common options

プロパティエディタで、テクスチャのコンテキストを選択しましょう: こうするとテクスチャーパネルが表示されます。

Textures Stack

Texture panel

下のリストのこれらのボタンは、我々が管理できるテクスチャの Stack を表しています。 これは、 Texture Slotsを 18個まで持つことができます:

  • それを有効/無効にするには、テクスチャにチェックをつける、またはチェックを外す。
  • 右側の3つのボタンを使用すると、スタック内の個々のテクスチャを上下に移動させたり、またはスロット間でマテリアルの設定をコピーペーストできます。


Texture Datablock

設定を確認するには、Textures Stackのスロットを選択しましょう。

スタックの下のボタンの最初のグループは、現在時点でスタック内で選択されているテクスチャを表示します。

Browse
スタックの下の最初のボタンには、現在のファイルのtextureall利用可能なテクスチャが表示されます。 テクスチャはグローバルに保存され、1つ以上のマテリアルにリンクさせることができます。 再利用したいテクスチャをすでに作成している場合は、このリストから選択しましょう。
Name
マテリアルの名前を変更することができる名前欄。
Number of users
アクティブなテクスチャが別のマテリアルで使用されている場合、 2 つのボタンが現れ、これを使用してアクティブなテクスチャーのシングルユーザコピーを作成することができます。 既存のテクスチャに基づいて新しいテクスチャをすばやく作成するには、このボタンを使用しましょう。
Fake
F ボタンを押すと、アクティブなテクスチャに "Fake(仮の)" のマテリアルを割り当て、それが "本物の" ユーザーを持っていない場合でもテクスチャがファイルに保存されるようにます。
Add
新しいテクスチャでアクティブスロットのテクスチャを置き換えます。
Unlink
アクティブスロットからテクスチャを削除します。


Texture Type

現在のテクスチャデータブロックに使用されるテクスチャの種類を選択します。

これらのタイプは、 こちらセクションで詳細に解説されています。

Preview

Preview panel

テクスチャプレビューパネルでは、テクスチャ自体がどのように見えるかのプレビジュアライゼーションを、手早く、マッピングすることなしに行えます。

Texture, Material, or Both
テクスチャーのみ、マテリアルのみ、または両方を表示する

かを選択します。

Show Alpha
プレビューで透過度を表示します。
Alpha: Use が Image Sampling パネルでチェックされている場合、画像のアルファチャンネルが表示されます。
Alpha: Useのチェックが外されている場合、アルファチャンネルは平均RGB値に基づいて表示され、 Influence パネルで Alphaスライダーを使用するときのようになります。


Colors

Colors panel
Ramp ボタンは色勾配を起動して、テクスチャの色を新しいものに再マップすることができます。 色勾配の使用方法については、 Ramps を参照してください。
テクスチャの色は、 Brightness, Contrast, Saturation のボタンで変更することができます。 テクスチャすべての RGB-値 — ImagesEnvironment Mapsを含む — は、 RGB スライダーで変更することができます。
R, G, B
それぞれ赤、緑、青のチャンネルを明るくすることによって、テクスチャの色の濃淡を指定します。
Brightness
テクスチャの全体の明るさ/輝度を変更する
Contrast
テクスチャのコントラストを変更する
Saturation
テクスチャの彩度を変更する


Mapping

ここでは、テクスチャがオブジェクトにマッピングされる方法を制御できます。

Brushes
このオプションは、ブラシでは使用できません。認識できないからです


詳細については、 Mapping のセクションを参照してください。

Influence

ここでは、テクスチャがどのプロパティに影響をするか、そしてどのくらい影響するかを制御できます。

Influence のセクションで詳しく説明されています。

Brushes
このオプションは、ブラシは使用できません。認識できないからです