From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

アーマチュアの構造

The very basic armature of the Gingerbread Man tutorial.

前に言ったように、アーマチュアは現実の骨格を模倣しています。 それらは、(デフォルトでは)剛体要素であるボーンから作られています。 しかし、あなたは現実の骨格よりも多くの可能性を持っています… 骨の “自然な” 回転に加えて、さらに位置を変えたり拡大縮小することもできるのです! そしてあなたのボーンは必ずしも相互に接続する必要はありません、必要に応じてそれらは完全にフリーにすることができます。 しかし、最も自然で便利なセットアップでは、ボーンはお互いの連携を伴い、いわゆる “chains of bones”を形成し、アーマチュアにある種の “limbs” を形成します。 詳細は 以下を

ボーンのチェーン

An armature with two chains of bones.

アーマチュア内部のボーンは互いに完全に独立にすることができます (すなわち、一方への変更が他に影響しない)… しかし、これが有用なセットアップはあまりありません! 足のようなものを作成するときには、 の“後に続く”すべての骨が、親子として “一緒に” 動いて欲しくなります。 さて、まさにこのときにアーマチュアに何が起こるかというと – 互いに “親子”のボーンによって、 “リム”が作成され、 Blender ではこれを“chains of bones”と呼んでいます。 これらのチェーンはもちろん分岐でき、例えば、5本の指として片“手”のボーンに接続されます…

ボーンは、子のルートに親のティップをつなぐことにより連鎖します。 ルートとティップは 接続でき、すなわちそれらを常にぴったり同じ点にしたり、 またそれらを標準的な親子関係のように、フリーにすることもできます。

同じボーンを複数の子の親にでき、そしてそれ故に、同時に複数のチェーンの一部にすることができます。

チェーンの先頭にあるボーンは ルートボーンと呼ばれ、チェーンの最後のボーンは ティップボーンです (ボーンの端部の名前と混同しないように…)。

ボーンの鎖は、 ポージング において特に重要なトピックです(特に、標準的な フォワードキネマティクス と、それに対する“自動”的な インバースキネマティクス というポージングテクニックでは…)。 エディットモードでそれらを作成/編集できますが、 接続されているボーンを除いて、その関係はこのモードでのボーンの変形に影響を与えません (すなわち、親ボーンを変形させてもその子には影響しません…)。

ボーンの関係の編集

これは、 編集のページに詳述されていますが、ここではこの重要な機能について簡単に見てみましょう。

The Armature Bones panel with two bones selected, and their Child of settings highlighted.

ボーンの関係を管理する最も簡単な方法は、 Relations パネルの Bone コンテキストを使用することです:

  • 最初に、編集したいボーンを 選択します (順序はここでは関係しません)。
  • ボーンを別のボーンの にするために、この親の名前をそのドロップダウン Parent リスト内で選択します。
  • ボーンを unparent するには、Parent リスト内のvoidのエントリを選択するだけです。
  • ボーンを親に 接続 するには、その小さな Con ボタンを有効にします。
  • ボーンを unconnect するには、その Con ボタンを無効にします。