From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

ランプ

背景、およびemisshonシェーダを適用したオブジェクトとならび、シーンに照明を追加する方法としてランプがあります。前二者との違いは、ランプはレンダリングされたイメージ中で直接見えることはないということ、照明専用のオブジェクトとしてより扱いやすいということです。

Type
現在Point、Area、Sunがサポートされています。SpotとHemi lampsはサポートされておらず、それぞれPointとSunとしてレンダリングされます。しかし、将来的には動作するようになるかもしれません。よって互換性のためにそれら2種は使わないでおくほうが良いです。
Size
Blender単位でのランプの大きさ。大きくすると影やシェーディングがやわらかくなります。
Cast Shadow
これを無効にすると、ランプの光はオブジェクトにさえぎられません。光線を光源まで追跡する必要がないのでレンダリングが速くなります。

Point Lamp

すべての方向に均等に光を放射します。サイズをゼロより大きくすると球状のランプになり、影とシェーディングがやわらかくなります。

Area Lamp

正方形または長方形の領域からランバート分布で光を放射します。

Sun Lamp

指定した方向に光を放射します。ランプの位置に関係なく、常にシーンの外側、無限遠に位置付けられます。距離による減衰はまったくありません。

シーンの内部に存在するのではないので、光の強さは他とは異なる単位を使って表しています。その数値は大抵の場合他の照明よりも低くするべきです。