From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

カメラ

カメラはパノラマレンダリングに未対応なことを除き、従来の Blender のカメラと完全に互換性があります。

パースペクティブ(Perspective)

Lens Size and Angle
視野角度を操作します。
Manual cycles camera persp.png

正射投影(Orthographic)

Scale
画像に投影されるオブジェクトの大きさを操作します。
Manual cycles camera ortho.png

被写界深度(Depth of Field)

Aperture Size
光が入射する、カメラの開口サイズ(レンズ半径と呼ばれることもあります)。0の場合、すべてのオブジェクトに焦点が合い、大きい値でオブジェクトが焦点距離から外れ、ピントが合わなくなります。現実のカメラのアパチャーサイズは、恐らく焦点距離と絞り値という言葉で記されており、その関係は次のとおりです:

アパチャーサイズ=焦点距離 ÷ (2×絞り値)

Aperture Blades
もしこの設定が3以上なら、多角形のアパチャーが円の代わりに使用され、レンダリング画像のぼやけたハイライトの形状に影響します。
Aperture Rotation
Aperture Blades の回転角度。
Focal Distance
オブジェクトに完全に焦点が合う距離。使用されるカメラからの距離として、代わりにオブジェクトを指定することもできます。

Clipping

Clip Start and End
オブジェクトを直接見ることのできる範囲。この範囲外のオブジェクトもすべて画像に間接的に影響し、遠くの光のバウンスもクリッピングされません。OpenGL レンダリングではクリッピング距離の上下限値を設定することが、十分な精度のラスタライゼーションを行うために重要でした。レイトレーシングではこの事であまり苦労することはなく、もっと極端な値の設定でも安全です。