From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.
Page status (reviewing guidelines)

Images need the settings panel image
Proposed fixes: none

フロー(Flow)オブジェクト

フローオブジェクトの作成

煙を取り囲む領域を規定したら、今度はその内部で煙を放射するオブジェクトを追加しましょう。小さい立方体をもう一つ追加し、ドメインの内部に納まっていることを確認します(3Dビュー内で⇧ ShiftA  »  Mesh » Cube)。

Edit Modeに入り、physicsタブで小さい立方体に煙を追加します。今回はFlowを選んでください。

煙はオブジェクトそのものから放射されるのではなく、オブジェクトが放射したパーティクルから放射されます。よってわれわれはパーティクルシステムの設定もしなくてはいけません。小さい立方体を選択した状態でparticleタブに移動してください。新規のパーティクルシステムを追加し、われわれは発生源には動いてほしくないのでphysicsはオフにします。またパーティクルそのものが表示されないように、レンダリングもオフにします。

The particles tab is right next to the physics tab
We don't want the particles to be affected by physics
We also don't want to see the particles

physicsタブに戻り、smokeセクションでパーティクルシステムを選択します。リストの中に(われわれは名前を変更していないので)'ParticleSystem'という項目があるはずです。これで、timelineウィンドウでフレームを進めると立方体から煙が出てくるでしょう。またAltAでアニメーションをスタート/ストップすることでもプレビューできます。

Select the newly created particle system here
Either scrub on the timeline or use ALT+A
Now there should be smoke in the viewport

設定

Outflow
シミュレーションから煙を消去します。
Particle System
このオブジェクトから放射されるパーティクルシステム。
Initial Velocity
エミッターパーティクルの速度を煙がひきつぎます。
Multiplier
速度が煙に伝わる度合い。

Initial Values

Absolute Density
面からパーティクルが放射される密度を固定します。
Density
密度の初期値。
Temp. Diff.
環境の温度に対する差。