From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.
Page status (reviewing guidelines)

Text

  • missing smoke groups explanation
  • some options are not explained at the end of the page


Proposed fixes: none

煙ドメイン(Domain)

流体シミュレーションと同じく、ほとんどの設定項目はドメインオブジェクトが選択されているときに現れます。

ドメインの作成

煙をシーンに追加する前に、煙のシミュレートが行われる領域を規定する必要があります。Blenderの物理シミュレーションではこの領域をドメインと呼んでいます。寸法はカメラにあわせて後で変えられるので、まずは立方体でいいでしょう。デフォルトの立方体をSおよびドラッグで大きくしましょう。

煙をシーンに追加する前に、煙のシミュレートが行われる領域を規定する必要があります。Blenderの物理シミュレーションではこの領域をドメインと呼んでいます。寸法はカメラにあわせて後で変えられるので、まずは立方体でいいでしょう。デフォルトの立方体をSおよびドラッグで大きくしましょう。

object Modeにいることを確認して、physicsタブに移動しましょう。smokeを追加し、Domainのラジオボタンを選択します。まずはこれでおしまいです。あとでまたセッティングをします。

The physics tab might be hidden
Add smoke
Chose domain for the cube
The Smoke Domain Object

共通オプション

Resolution
煙の細部の緻密さです。32では数秒でベイクが完了しますが、100にするとほとんどのコンピュータでは30分ほどかかるかもしれません。
Time Scale
シミュレーションのスピード。
Border Collisions
Vertically Open
ドメインの上部および下部の壁に当たった煙は消えます。
Open
ドメインの壁に当たった煙はすべて消えます。
Collide All
ドメインの壁は衝突オブジェクトとして扱われ、煙はぶつかってドメイン内にとどまります。
Temperature and Density
密度と温度が煙に与える影響。数値を上げると煙は速くのぼります。
Vorticity
乱流、回転、あるいは渦の度合い。
Dissolve
時間の経過とともに煙が消えます。
Time
煙が消える速さ。
Slow
Timeではなく1/Timeを使います。煙が消えるのがより遅くなります。


煙グループオプション

to do
 


高解像度オプション

高解像度オプションを使うと、まず低い解像度でシミュレーションしてからノイズを施して解像度を上げることができ、高い解像度でシミュレーションせずにすみます。アニメーションを作る際、低解像度で簡単にシミュレーションをし、そのあとで煙の全体的な流れを変えずにディテールを付け加えることができます。

いくつかの方式が使えます。デフォルトのWaveletは'turb.php|Wavelet Turbulence for Fluid Simulation'の実装です。

Resolution/Divisions
ノイズを使って煙の解像度を上げます。
Smooth Emitter
スムース化してムラを防ぎます。
Show High Resolution
高解像度の煙を表示します。
Noise Method
Wavelet
FFT
Strength
ノイズの強さ。


フィールドウェイトオプション

様々な力および力場が煙にどの程度影響するかを決めます。

Gravity
煙が重力の影響を受ける度合い。
All
力場全般の影響力。

その他の項目はそれぞれの力場の影響力です。

Smoke with a wind force field.