From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

配列モディファイア

Mode: Object mode

Panel: Properties Window -> Context Button Modifiers CZ Modifier ContextButton.png

概要

Multidimensional array animated with motion blur.

Array modifier が作成するのは、ベースオブジェクトのコピーを配列として並べたもので、各コピーを前のものからオフセットすることを可能にする方法は多数あります。 隣接コピー内の頂点は、マージの距離に基づいて接合させることができ、smooth subsurfフレームワークに生成をさせることもできます。

このモディファイアが便利なのは、タイル化できるメッシュと組み合わせた場合で、大規模なシーンをすばやく展開できます。 複雑な反復的な形状を作成する場合にも便利です。

複数の配列モディファイアを、ひとつオブジェクトに同時に有効化させる場面もあります。例えば複雑な3次元構造を作成するときなどです。

オプション

Array modifier.
Fit Type menu.
Fit Type menu
配列の長さを決定する方法を制御します。 3つの選択肢があり、それぞれを有効化するには Curve, Length or Count の表示部で設定します:
  • Fit CurveCurveで指定された曲線オブジェクトの長さに収まる程度のコピーを生成します。
  • Fit LengthLengthによって与えられた固定長に収まる程度のコピーを生成します。
  • Fixed CountCountで指定された数のコピーを生成します。
Curve
Fit Curveに使用する曲線オブジェクト。
Length
Fit Lengthで使用する長さ。
Count
Fixed Countに使用する複製の数。
備考
  • Fit CurveFit Length の両方では、ベースオブジェクトのローカル座標系のサイズを使用します。これが意味するのは、 Object でベースオブジェクトを拡大縮小しても、 Array modifier が生成するコピーの数は変わらないということです。 スケールの適用は (Apply Scale) 、こういう場合に役立ちます。
  • Fit Length は、ローカル座標系における曲線の長さを使用します。これが意味するのは、 Object mode で曲線を拡大縮小しても、 Array modifier が生成するコピーの数は変わらないということです。 スケールの適用は (Apply Scale) 、この場合にも便利です。


Constant Offset, X, Y, Z
定数の変換コンポーネントを、複製オブジェクトのオフセットへ追加します。 X、YおよびZの定数成分を指定することができます。
Relative Offset, X, Y, Z
Relative offset example.
オブジェクトのバウンディングボックスの各軸に沿うサイズに等しい変換を、スケーリング係数を乗じて、オフセットへ追加します。 X、YおよびZのスケーリング係数を指定することができます。 (Relative offset example)参照。


Object Offset
Object offset example.
オブジェクトから採寸した変換を (カレントオブジェクトからの相対) 、オフセットに追加します。 (Object offset example)参照。 中心か最初のオブジェクトの近くに、空オブジェクトを置いて使用することをお勧めします。 例えば、このエンプティを回転させることにより、オブジェクトを円状またはらせん状にならべて作成することができます。


Merge
有効にした場合、各コピーの頂点は、所定の距離( distance )内にある次のコピーの中の頂点にマージされます。
First Last
有効になっていて かつ Merge が有効になっている場合、最初のコピー内の頂点は、最後のコピーの頂点とマージされます (これは円形のオブジェクトに有用です、 (First Last merge example)参照)。
Dev-ArrayModifier-FirstLastDiscontinuity01.png Dev-ArrayModifier-FirstLastMerge01.png
Subsurf discontinuity caused by not merging vertices between first and last copies (First Last off). Subsurf discontinuity eliminated by merging vertices between first and last copies (First Last on).
First Last merge example.
Distance
Merge時のマージ距離を制御します。.
Start cap
スタートキャップとして使用されるメッシュオブジェクト。このオブジェクトの単一コピーは配列の “先頭” に配置されます – 実際 -1 の位置、すなわち最初の“通常の”配列のコピーから “配列ステップ” で一つ前にあるかのように。 もちろん Merge が有効化されている場合、および Start cap が最初のコピーの十分近くにある場合、それらはマージされます。
End cap
エンドキャップとして使用されるメッシュオブジェクト。 このオブジェクトの単一コピーは配列の “末尾” に配置されます – 実際、 n+1 の位置、すなわち最後の“通常の”配列のコピーから “配列ステップ” で一つ後にあるかのように。 そして Start cap と同様に、末尾のコピーと結合することもできます…


Hints

Offset Calculation

あるコピーから次のコピーへと適用する変換は、3つの異なる成分の和として計算され (Relative, Constant and Object)、その成分はすべて独立して有効/無効にすることができます。 これによって可能になるのは、例えば、相対的オフセット (1, 0, 0) かつ定数オフセット (0.1, 0, 0), だと、オブジェクトの配列はX軸に沿って一定に与えられ、それらの間隔は、元のオブジェクトがどのようなサイズであっても、 0.1BU (Blender Units) できっちり等間隔にできます。

Examples

Mechanical

A bridge made from a tilable mesh.
Note
Curve モディファイアが、モディファイアスタックの Array の後にはおけないのと同様に (このイメージが作成された時点)、 配列 モディファイアの適用は (i.e. the Apply button was pressed) 、カーブを橋のイメージに追加する前に行なっておきます。
A cog created from a single segment.
Sample blend file
A crankshaft.
Sample blend file
A chain created from a single link.
Sample blend file

Fractal

Multidimensional array animated with motion blur.
A fractal-like image created with multiple array modifiers applied to a cube.
Sample blend file
A fractal fern image created with 2 array modifiers and 1 mirror applied to a cube.

Organic

Subsurfed cube array with 1 object offset, 4 cubes and a high vertex merge setting to give the effect of skinning.
A double spiral created with two array modifiers and one subsurf modifier applied to a cube. As above, the vertex merge threshold is set very high to give the effect of skinning.
Sample blend file
A tentacle created with an Array modifier followed by a Curve modifier. The segment in the foreground is the base mesh for the tentacle; the tentacle is capped by two specially modeled objects deformed by the same Curve object as the main part of the tentacle.
Sample blend file

Tutorials

Tutorials

The 'Double Helix' tutorial では 配列 モディファイアについて説明しています。 これは古い Blender のバージョン (2.44) 向けのものですが、キーボードのショートカットを除いて今も実効的です。