From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

フックモディファイア

Mode: Any mode

Panel: Modifiers

概要

Two spheres used as Hooks to deform a subdivided cube.

Hook モディファイアは、 Shape Keys と併用して Mesh または Lattice を使った別のオブジェクトの変形を制御するものです (通常はEmpty ですが、どのようなオブジェクトにもすることができます)。

フックを動かすと、メッシュから頂点を重みを考慮しながらひっぱり上げます。 プロポーショナル編集を使用している場合は、アニメーション比例編集とみなすことができます。 シェイプキーほどの細かい頂点の動きの制御は、フックでは得られないとはいえ、使用するのははるかに簡単です。

オプション

Hook modifier
Object
フックにもちいる親オブジェクトの名前。
Falloff
ゼロではない場合、falloffはフックの影響がゼロになる距離となります。 proportional editing tool と同等の、smooth interpolationを使用します。
Force
同じ頂点に対して複数のフックを作用させられるので、この方法でフックの影響を重み付けできます。 重み付けのルールは次のとおりです:
  • すべての力の合計が 1.0 より小さい場合、残り (1.0 - (forces sum)、を元の位置に押しとどめる要因とします。
  • すべての力の合計が 1.0 より大きい場合、重み付けの平均による、フックの変換だけを使用します。

次の設定は、Edit modeでのみ使用可能です:

Reset
再計算してフックのオフセット変換をクリアします。
Recenter
カーソル位置にフックの中心を設定します。
Select
メッシュ上の影響を受ける頂点を選択します。.
Reassign
選択状態の頂点をこのフックに再度割り当てます。