From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

ワープモディファイア

この変形モディファイアを使用すると、メッシュのパーツを新しい場所のほうへ歪曲させることができます。 "from" と "to" の場所の選択に2つのオブジェクトを使う、非常に柔軟な方法を使用します。オプションはカーブフォールオフ、テクスチャおよび頂点グループを使用します。

ワープモディファイヤは、最初は少しトリッキーですが、それ自体の動作の仕方が、理解を助けてくれるでしょう。 モディファイアは、オブジェクトの中心点で指定された2つのポイントを必要とします。 "from"ポイントが指定するのは、 "to" ポイントに引っ張られていく区域にある点です。 エディットモードにおいて Proportional Editing を使用するときと似ています。

Options

From:
湾曲の起点となるオブジェクトの変換を指定します。
To:
湾曲先のオブジェクトの変換を指定します。
Preserve Volume
変換の1つを入れ替える時にボリュームの保存を有効にします。
Vertex Group
特定の頂点グループへの変形を制限する。
Strength
効果をどれくらい強くするかを設定します。
Radius
変形ハンドルで湾曲させることができる変換対象からの距離を設定します。
Falloff Type
変換の中心地から遠ざかるにしたがって、半径の値によってワープの強度を変える方法に設定します。 減衰型の説明については、 Proportional Editing を参照してください。
Texture
転置の変化の作成によって強度が相殺されるテクスチャを指定します。
Texture Coordinates
テクスチャのついた湾曲を使用するときに、テクスチャをメッシュに適用する方法を設定します。
Object
オブジェクトに設定するときに使用するオブジェクトを指定します。
UV Layer
UVに設定をするときのUVレイヤを指定します。