From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.
Page status (reviewing guidelines)

Proposed split


Text splitted mesh - mesh analysis
Proposed fixes: none

Mesh Analysis

(メッシュの分析)

(訳注:この機能はバージョン 2.67 以降で利用できます)

メッシュ分析は、特定用途に影響を与えるメッシュの属性を表示するのに役立ちます。

メッシュ分析は編集モードで動作し、高い値を持つ箇所を赤、低い値を持つ箇所を青で表示します。範囲外のジオメトリは灰色で表示します。設定パネルはプロパティシェルフ(N)に現れます。

現在のところ様々なモードの主用途は 3D プリントです。

Overhang

(オーバーハング/突き出し)

突き出し

Extrusion 式の 3D プリンタは物理的に、限度を越えて突き出た部分を印刷できません。このモードは角度の範囲や選択軸に基いて、突き出た部分を表示します。

Thickness

(厚み)

厚み

プリンターには壁の厚み 制限があり、非常に薄い部分は印刷できません。この分析はレイキャスティングとジオメトリの厚みの検出距離を使います。

Intersections

(交差)

交差した面

もう一つ、印刷でよく問題になるのが表面同士の交差で、交差部分ではモデルの内側/外側が正確に検出できないことがあります。

交差の設定はオンとオフのどちらかで、他の表示モードと違って他に設定はありません。

Distortion

(歪み)

歪んだ面

歪んだ n ゴン の三角面化は未定義のため、歪んだジオメトリは問題を起こすことがあります。

歪み具合は、別の向きを指す部分のある、平らでない面を使って測られます。

Sharp Edges

(鋭い辺)

Sharp edges

壁の厚みと同じく、鋭いエッジは印刷できないほど薄くなることがあります。

ご注意
Exclamation mark.png
メッシュ分析には既知の制限がいくつかあります。
  • 現在のところ Deform(変形)タイプのモディファイアでのみ表示されます。
  • ハイポリメッシュでメッシュ編集中に使うと遅くなります。