From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.


Page status (reviewing guidelines)

Page reviewed and in good shape

ミラー

モード: 編集モード

ホットキー: CtrlM

メニュー: メッシュ » ミラー » 希望の座標軸

ミラーツールは、選択要素を選択した軸に対してミラー反転します。

編集モードのミラーツールはオブジェクトモードのミラー (en)と同じです。これは頂点/辺/面を、選択したピボットを中心に指定軸方向に -1 だけ拡大縮小するのとまったく同じですが、素早く手軽に使えます。

ツールを実行したら、選択要素をミラー反転する軸を x、y、z のいずれかを入力して指定します。

MMB Template-MMB.png を押し続けてミラー反転を行いたい方向にドラッグして、結果プレビューを見ながらジオメトリをミラー反転することもできます。

対称軸

座標系ごとに、ミラー反転の軸を選ぶことができます。

ピボットはミラー反転の軸にしたい任意の場所に配置でき、軸が沿う座標系も選ぶことができます。可能性は無限で完全に自由です。

ピボット(Pivot point)

ピボット は先に設定されていなければなりません。ピボットは対象の中心になります。ミラーツールが使われている間、常にピボットの場所が表示されます。

図(中点を対象にミラー)(訳注:ここにない画像かもしれません)では、ピボットに編集モードのデフォルトの中点が選ばれています。ピボット で述べられるように、これは編集モードの特殊なケースです。


ミラー前のメッシュ
X軸に沿ってミラー適用後


図 (X軸に沿い、3Dカーソルをピボットにしてミラー適用後) では、ピボットに3Dカーソル、座標系にローカル(=オブジェクト空間))が選ばれ、変形の軸は X軸です。

ミラー前のメッシュ
X軸に沿い、3Dカーソルをピボットにしてミラー適用後


座標系(Transform Orientation)

座標系 (en) は、3D 領域のヘッダーのマニピュレーター ボタンの隣にあります。ミラーが従う座標系を決めます。