From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.


Page status (reviewing guidelines)

Page reviewed and in good shape

Spot Volumetric Effects

Spot ランプの Halo オプション

Spot(スポット) 照明は “volumetric” な効果を作ることもできます。この意味については ボリューメトリックライト をご覧ください。

Halo(ハロー)
Halo ボタンは Spot ランプに volumetric 効果を使えるようにします。ボリューメトリック効果が目に見えるためには、このボタンが有効でなければいけません。なおバッファードシャドウを使っていれば、スポットランプのバッファシャドウ ページで説明されている別のオプションも使えます。
Intensity(強度)
Intensity スライダーは光源から生成されるボリューメトリック効果の強さ/濃さを調整します。Intensity スライダーの値が低いほど目に見えるボリューメトリック効果は減り、一方 Intensity 値が高いほどはっきりした濃いボリューメトリック効果を生みます。
Step(ステップ)
この欄には 0 から 12 までの値を入力できます。この Spot がボリューメトリックシャドウを作るかどうかと、影の質を決めるのに使われます。
Step が値 0 に設定されていれば、ボリューメトリックシャドウは生成されません。
他のほとんどのコントロールと違って、Step 値が増えるほどボリューメトリックシャドウの品質は下がります(レンダリング時間は減ります)。逆も同様です.
Blender3D FreeTip.gif
Step
普通は Halo Step8 を使うとうまく速度と精度の折り合いがつきます。


Blender では 内蔵レンダラーを使っているときの Spot ランプだけがボリューメトリック照明をシミュレートします。光源の Energy や halo の Intensity の設定の組み合わせによっては変わった結果を引き起こします。
たとえば、無効な Spot 光源あるいは非常に低い Energy 設定の光源と Intensity 設定が非常に高い halo で、現実世界ではありそうにない暗くて黒い halo ができます。内蔵レンダラーと halo を使うときは、こうした可能性に注意してください。
備考
halo のエフェクトはバッファードシャドウを使うと大きく強化されます: halo の Step が空でなければ“volumetric shadows”を作れます。さらなる情報は Spot バッファシャドウ をご覧ください。



See Also

(参考)