From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

フリーソフトウェアとGPLについて

GNU logo
「フリーソフトウェア」について真っ先に思い浮かぶ特徴は「費用がかからない」事ではないでしょうか。それは多くの場合で正しいのですが、GNU プロジェクトの創設者らと GNU General Public License の起草者らからなる、フリーソフトウェア財団( Free Software Foundation, FSF )によって用いられる「フリーソフトウェア」という言葉は「費用がかからない」という意味よりもむしろ「自由である」という(例えば "free beer" と表現された時に「無料のビールを飲め」ではなく「自由にビールを飲め」ととらえる)意味に重きを置いています。この意味の元で言うフリーソフトウェアとは一般の人々が自由に利用、複製、改変及び再配布を制限なく行えるという物です。対照的に、多くの商業ソフトウェアパッケージのライセンスでは、1つのパッケージに対して1つのコンピュータのみでの起動が許可され、ソフトウェアの複製は許可されず、ソースコードを見ることもできません。フリーソフトウェアはエンドユーザーに対し、想像を超えた自由を提供します。加えて、ソースコードが全世界に公開されているため、バグを発見して修正する多くの機会に恵まれています。

GNU General Public License (以下GPL)に基づくライセンスが適用されたプログラムでは:

  • あなたはそのプログラムを目的を問わず利用できる権利を得られます。
  • あなたはそのプログラムを修正し、ソースコードを取得する権利を得られます。
  • あなたはそのプログラムを複製して再配布する権利を得られます。
  • あなたはそのプログラムを改善し、あなた自身のバージョンとして公開する権利を得られます。

これらの権利を得る代わりに、あなたは GPL に基づくライセンスが適用されたプログラムを配布する場合に、あなた自身と他者の自由を守るために以下に示すいくつかの責任を負うことになります:

  • あなたは配布するプログラムに、その利用者がライセンスに基づく権利を認識できるように、GPL のコピーを付加しなければなりません。
  • あなたは配布するプログラムにソースコードを付加するか、そのソースコードを自由に得られるようにしなければなりません。
  • あなたが、そのコードを修正して修正版を配布する場合はその修正部分を GPL に基づくライセンスで提供し、修正したソースコードを自由に得られるようにしなければなりません。(あなたはプロプライエタリなプログラムに GPL が適用されたコードを利用する事はできません。)
  • あなたは GPL によって定められた条件を弱めるライセンスを、配布するプログラムに対して適用できません。(あなたは GPL が適用されたプログラムを、プロプライエタリな商品として提供できません。)

GPL に関する詳細は GNU Project Web site を閲覧して下さい。GNU General Public License のコピーは Volume II に含まれています。