From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Static(静止)オブジェクト

物理計算には関わりますが、重力の影響は受けないオブジェクトです。

Actor

有効にすると、物理エンジンの中でオブジェクトは世界(単純な壁や床)とは違った扱いになります。このオブジェクトはほかのアクティブなオブジェクトから見えるようになります。

この時点では、オブジェクトは通常の物理効果(たとえば重力)の影響は受けないがただの背景とも違った見られ方をする、という状態です。これは物理的な性質(重力など)をもつ必要がないオブジェクトの場合に便利です。たとえば壁についているボタンなど。

Ghost

有効にすると、他のオブジェクトをすり抜けるようになります。これは反発や摩擦などの物理計算の時間を節約できます。他のオブジェクトとの衝突は依然として検出され、ゲームロジックに報告されます。

Invisible

有効にするとオブジェクトが「透明(Invisible)」になり、レンダリングされなくなります。

Radius

境界とする球形およびmaterial physicsの半径。

Anisotropic(異方性)

X、Y、Zそれぞれの軸における摩擦力をコントロールします。異方性は特定の方向における摩擦に関係するものです。たとえば、スケートボードのホイールは前方には転がりやすいですが、横方向には滑りにくいです。