From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Keyboard sensor

(キーボードセンサー)

Keyboard sensor

キーボード入力を検出します。入力をString プロパティに保存することもできます。

共通オプションについては センサー共通のオプション をご覧ください。

専用オプション:

Key
ひとつのキーの押下を検出します。何も書かれていない欄をクリックして、検出したいキーを押します。これがアクティブキーになり、正パルスを発信します。この欄をクリックして続けて別の場所をクリックすると、キーの登録は消去されます。キーが離された時、偽パルスを発信します。
All keysボタン
押すと他のボタンは隠され、すべてのキー押下に対して正パルスが発信されます。これはPythonコントローラでカスタムキーマップを使う場合に便利です。
Modifierボタン
Keyと似ていますが、Keyで指定したボタンが押されたときにいっしょに押下されていた場合だけ検出されます。キーは2つ指定できます。ここにキーが登録されると、両方またはすべてのキーが押された場合だけ正パルスが発信されます。これはCtrlR⇧ ShiftAltEscなどの操作で特定のアクションをさせるときに便利です。
LogToggle
キーストロークがStringプロパティに保存されるかどうかをBool値で指定します。
Target
キーストロークを保存するStringプロパティを指定します。Propertyセンサとともに使うと、たとえばパスワードの入力操作などに利用できます。