From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Property Editing

(プロパティの編集)

Logic Editor パネル左側にあるパネルを使って、ロジックのプロパティを作成したり編集したりできます。最上部のメニューでは利用できるプロパティの型の一覧が見られます。


Property Panel
Add Property ボタン
一覧に新たなプロパティを加えます。デフォルトは“prop”という名前の Float 型のプロパティで、同名のプロパティがすでにあれば、後ろに数字がつきます。
Name
プロパティの名前を入力します。Python や Expression(式)からアクセスする際に使われます。Python では辞書型の参照方式を使います((GameObject["propname"])。名前の大文字小文字は区別されます。
Type メニュー
プロパティの型を決めます(下記参照)。
Value
プロパティの初期値を決めます。
I 情報ボタン
デバッグ時にプロパティを表示します。デバッグをオンにすると、ゲーム実行中画面の左上隅にプロパティの値が表示されます。デバッグをオンにするには、Game メニューにある Show Debug Properties にチェックをつけてください。デバッグ対象となったプロパティはすべて、ゲームプレイ中オブジェクト名、プロパティ名、プロパティ値で表示されます。プロパティが何か問題を起こしていると思える場合に役立ちます。
X
プロパティを削除します。