From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

プロパティ

プロパティは変数に相当するものです。これはオブジェクトに格納されており、たとえば弾薬、体力、名前などを表すことができます。

プロパティパネル

The properties panel.

View » PropertiesまたはNでプロパティを開きます。

プロパティパネルは6つの要素から成っています。

Add Property button
新しいプロパティを追加します。デフォルトではFloatプロパティで、名前はprop、すでに同じ名前がある場合は後ろに番号が付きます。
Name field
プロパティの名前。この名前を使ってPythonプログラムまたは式でプロパティにアクセスします。その場合ディクショナリ形式でアクセスします(GameObject["propname"])。名前は大文字と小文字が区別されます。
Property type menu
プロパティの種類(後述)。
Value field
プロパティの初期値。
Debug button
デバッグを有効にします。GameメニューのShow Debug Propertiesも有効にする必要があるので注意してください。Show Debug Propertiesを有効にすると、デバッグを有効にしてあるすべてのプロパティが、オブジェクト名、プロパティ名、数値、としてゲームの実行中に表示されます。プロパティが問題を起こしている疑いがある場合に便利です。
Delete button X
それぞれのプロパティの横には削除ボタンがあります。


プロパティの種類

プロパティには5種類あります。

Timer 初期値から始めて、オブジェクトが存在する限りカウントアップしていきます。たとえばゲームのステージをクリアするのにかかった時間などを調べるのにつかいます。
Float -10000.000から10000.000までの少数。精密な数値が必要な場合に遣います。
Integer -10000から10000までの整数。たとえば弾丸の数など、少数が必要ない場合に使います。
String テキストを値として持ちます。128文字まで使えます。
Boolean 真か偽の二値を持ちます。明かりのスイッチなど、二つしか状態がないようなものに便利です。


プロパティを使う

ロジックエディタではプロパティセンサとプロパティアクチュエータが使えます。

Property Sensor

Property センサには4つのモードがあります

Equal
プロパティ値とセンサの値が等しい場合に正パルスを発信します。
Not Equal
プロパティ値とセンサの値が異なる場合に正パルスを発信します。
Interval
プロパティ値がセンサのMinからMaxの価の範囲にある場合に正パルスを発信します。
最低値のみを指定したい場合は、自身のプロパティ名をMax欄に、パルスを送る最低値をMin欄に入力します(訳注:最高値は自分自身の値なので、常に範囲内にある)。
最高値のみを指定したい場合は、自身のプロパティ名をMin欄に、パルスを送る最高値をMax欄に入力します。
値を比べるために他のプロパティ名を入力することもできます。
Changed
プロパティの値が変わったときに正パルスを発信します。


センサの基本的な使い方についてはセンサを、プロパティセンサについてはプロパティセンサを参照してください。

Property Actuator

Propertyアクチュエータには4つのモードがあります。

Assign
Value欄の値をProp欄に与えます。同じオブジェクトのプロパティのみに使えます。
Add
プロパティの値を増加させます。マイナスの数値をしてすれば減少させます。Boolに関しては0以外の値(マイナスでも)は真とみなされます。
Copy
他のプロジェクトのプロパティをアクチュエータのオーナーのプロパティにコピーします。
Toggle
0は1に変え、0以外の値は0に変えます。オン/オフのようなスイッチに便利です。Stringプロパティには使えません。

アクチュエータの基本的な使い方についてはアクチュエータを、プロパティアクチュエータについてはプロパティアクチュエータを参照してください。