From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Motion Actuator

このアクチュエータはオブジェクトを移動/回転させます。移動、回転、または動的な移動を行う、Simple および Servo の二つの操作方法が用意されています。Simple モードの処理はオブジェクトの物理設定に左右されます。

アクチュエータ共通のオプションについては こちら をご覧ください。

専用オプション:

Motion Type
動きの種類を決めます
Simple Motion
さまざまな動きを直接適用します
Servo Control
目標速度と、その速度に到達するまでの早さを指定します
Blender3D FreeTip.gif
オブジェクトの衝突
Simple 動作モードではオブジェクトは始点と終点以外の座標を一切通らないため、他のオブジェクトを通り抜ける可能性があります。オブジェクトの物理設定がDynamic/Rigid Body/Soft Body に設定されると実行される Servo モードでは、この問題を回避できます。


Simple Motion

(単純運動)

Motion actuator for Simple Motion
Loc
オブジェクトはパルスを受信するたびに、各軸方向に指定値だけジャンプします。
Rot
オブジェクトはパルスを受信するたびに、各軸を中心にして指定量だけ回転します。1回転は値 7.2で表されます(0.02 で 1度)。
L
指定した座標がグローバル(灰色)とローカル(白色)のどちらなのか指定します。


Blender3D FreeTip.gif
Servo Control
Servo Control を動作させるには、Physics ウィンドウで Dynamic をオンにし、オブジェクトを Actor にする必要があります。


Servo Control

(サーボ制御)

Motion actuator for Servo Control
Servo control は物質界のものの動きを模倣する強力な手段です。Servo controller は、オブジェクトに与える力を調整し、指定した速度になるようにします。運動の比例 - 積分 - 微分(PID)の数式を使います。
Reference Object
アクチュエータの所有者が運動の基準として使うオブジェクトを指定します。例えば動く足場などです。空欄にすると World を基準にします。
Linear Velocity
三軸それぞれにおける線速度で、オブジェクトの速度の目標値になります。
L
指定した座標がグローバル(灰色)なのかローカル(白色)なのかを指定します
X, Y, Z
オブジェクトに適用される力の最大/最小値を設定します。無効にすると(X、Y、Zボタンが灰色になります)力の上限はなくなります。
Proportional Coefficient
比例係数を調整します。実際の速度と目標線速度との差への反作用を制御します。
Integral Coefficient
積分系数を設定します。この動きのこれまでの誤差の合計への反作用を制御します。
Derivative Coefficient
微分係数を設定します。反作用を制御します。