From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

対応している形式

画像形式

これはBlenderが内部的に対応している画像ファイル形式の一覧です:

ハイダイナミックレンジ画像

Blenderの画像入出力システムは、普通の32ビット画像(4×8ビット)と、ピクセルあたり128ビットの浮動小数点画像(4×32ビット)を透過的にサポートしています。

HDR画像の読み込みでは、その画像が例えば3×10ビットの時であっても、ピクセルは常に内部でRGBA float値へと変換されます。UV画像エディタ内で画像を表示する間のように、必要に応じて、これを行った後で、速い表示の為に普通の32ビットへと変換されます。

画像がfloatカラーを持っている場合は、Blenderにおける全ての画像機能が標準でそれを使います。これはビデオシーケンスエディター、テクスチャマッピング、背景画像、コンポジターを含みます。

どうやってHDR画像を操作・表示するかのヒントは、カーブUIのページをチェックしてください。

他の形式

他のサポートしている画像形式がここにあります:

  • BMP
  • DDS
  • SGI IRIS (古い!)
  • PNG
  • JPEG
  • JPEG 2000
  • Targa
  • Targa Raw (非圧縮Targa)
  • TIFF

動画形式

  • AVI (Windows)
  • AVI JPEG
  • AVI Raw
  • Frame Server
  • H.264
  • MPEG
  • Ogg Theora
  • QuickTime
  • Xvid

カラーモード

  • BW: 画像は8ビットグレイスケールで保存されます (PNG、JPEG、TGA、TIFのみ)。
  • RGB: 画像はRGB(カラー)で保存されます。
  • RGBA: 画像はRGBとアルファデータで保存されます (対応している場合)。

色深度

  • 8ビットカラーチャンネル
  • 12ビットカラーチャンネル
  • 16ビットカラーチャンネル
  • 32ビットカラーチャンネル

リファレンス