From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Shrinkwrap Constraint

概要

Shrinkwrap 拘束は、 Shrinkwrap modifierの “オブジェクト版” です。 そのオーナーの位置を、ターゲットの 表面 に縮めます。

これは、ターゲットが表面を持っている 必要がある ことを意味します。 実際には、拘束はさらに相手を選び、ターゲットとしてメッシュしか使用することができません。 したがって、 Shrinkwrap オプションは、 Add Constraint to Active Object メニューにしか表示されず、 CtrlAltC, (またはそのボーンに相当)、選択された非アクティブなオブジェクトがメッシュであるときだけのものです。

オプション

Shrinkwrap panel
Target
この拘束は1つのターゲットを使用し、これは メッシュオブジェクトでなければならず、それを持っていないときは機能しません (赤の状態) 。
Distance
この数値フィールドは、ターゲットの表面に縮められる計算位置からのオーナーのオフセットを制御します。
正の値は、ターゲットの “外側” にオーナーが配置され、負の値はターゲットの “内側” に配置されます。
このオフセットは、オーナーの元の (すなわち、拘束される前の) 位置で定義された直線に沿って適用され、そしてターゲット表面上の位置が計算されます。
Shrinkwrap Type
このドロップダウンリストでは、オーナーの中心を解釈するためのターゲット表面上の点を、どの方法を使って計算するのか選択することができます。 3つのオプションがありますs:
Nearest Surface Point
選択したターゲット表面のポイントは、元のオーナーの位置から最短距離のものになります。 これがデフォルトで、一般的に最も便利なオプションです。
Projection
ターゲットの表面のポイントを、与えられた軸に沿ってオーナーの中心を投影することで決定します。
この軸は、このタイプを選択したときに現れる X, Y and Z の3つのトグルボタンによって制御されます。 これが意味するのは、投影軸の整列は、グローバル軸のいずれか、それら2つ中点 (XY, XZ or YZ)、または3つの中点 (XYZ)を使ってのみ行われるということです。
選択した方向に沿ったオーナーの中心の投影がターゲットの表面にヒットしない場合、オーナーの位置は変更されません。
Nearest Vertex
このメソッドは Nearest Surface Point と非常によく似ていて、ただしオーナーの収縮可能な位置がターゲットの頂点に限定されるところが違います。