From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Rigid Body Joint Constraint

Description

Rigid Body Joint 拘束は非常に特殊です。 基本的に、そのオーナーとそのターゲット間の接合をシミュレートするために、Blender Game Engineの物理的な部分で使用されます。 次の3つのジョイントタイプが用意されています: hinge type, ball-and-socket type, or generic six-DoF (degrees of freedom) type.

関節点と軸は、オーナーに対して定義され固定されます。 ターゲットの移動は、棒の中心点にくっついたようになり、棒のもう一方の端は関節点/ピボット点まわりに回転します…

この拘束は、最も “標準的” な静止画やアニメーションのプロジェクトでは役に立ちません。 ただし、BGEの外でその結果を使用することはでき、 Game » Record Animation メニューエントリを通じて行えます ( User Preferences ウィンドウのメインメニューから。このトピックに関する詳細情報については Rigid Bodies 参照)。

オプション

Rigid Body Joint panel
Target
この拘束は、一つのターゲットを使用し、それを持っていないときは機能しません (赤の状態) 。
Joint Type
Ball
典型的なボール-ソケット ジョイントのように動作する、すなわち、肩関節のようにすべての軸の周りに回転することができます。
Hinge
一つの平面で動作する、肘のように: オーナーとターゲットは、ピボット (joint point)のX軸まわりにだけ回転させることができます。
Limits
X軸の角度制限
Cone Twist
Ballに似ていますが、これはポイントツーポイントの関節で、円錐とねじれ軸への制限が追加されています
Limits
角度制限
Generic 6DOF
Ball オプションとして動作しますが、ターゲットはもはや、ピボットポイントから一定の距離には拘束されません、デフォルトでは (hence the six degrees of freedom: rotation and translation around/along the three axes).
実際には、デフォルトではもはやジョイントではなく、このオプションを使用すると、ただし追加の設定を有効にしてこれらの自由度のいくつかを制限することはできます:
Limits
Blenderの単位と角度で指定された軸 (of the pivot) における、それぞれの線形および角度の制限。
Child Object
 通常は、空白のままにします。 右クリックしてReset to Default Valueを選択すると、デフォルト値にリセットしてブランクにすることができます。
Linked Collision
有効にすると、オーナーとターゲットとの間の衝突検出を無効にします (BGEの物理エンジンで)。
Display Pivot
有効にすると、3Dビューで、ジョイントのピボットを描画します。 最も役立つのは、特に Generic 6DOF関節タイプをつかうときです!
Pivot
これらの3つの数値フィールドをつかうと、 オーナーの空間で、ピボットポイントを再配置することができます。
Axis
これらの3つの数値フィールドをつかうと、 オーナーの空間で、ピボットポイントを回転させることができます。