From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

Graph Editor

(グラフエディタ)

グラフエディタは重要なアニメーションエディタです。これを使って F-カーブ を使っているあらゆるプロパティのアニメーションを編集できます。
グラフエディタには二つのモードがあります。アクション(eng) 用の「F-カーブ(F-Curves)」と、ドライバ 用の「ドライバ(Drivers)」です。この二つは機能的によく似ています。
グラフエディタ

Curve Editor Area

(カーブエディタ領域)

ここでカーブとキーフレームを閲覧、編集できます。
さまざまな補間方式のカーブ
詳しくは F-カーブ編集(eng) をご覧ください。

Navigation

(操作)

他のウィンドウと同様に、次のことができます:

パン(Pan) MMB Template-MMB.png
クリックしてドラッグすると、ビューを縦(値)または横(時間)方向にパンします。
ズーム(Zoom) Wheel Template-MW.png
マウスホイールでズームイン、ズームアウトします。
ビューの拡縮(Scale View) CtrlMMB Template-MMB.png
ビューを縦または横方向に拡縮します。
以下はその他の便利なツールです。
すべてを表示(View All) ↖ Home
すべてのキーフレームが見えるように表示領域を再設定します。
選択中のものを表示(View Selected) Numpad.
選択状態のキーフレームが見えるように表示領域をリセットします。

2D Cursor

(2Dカーソル)

グラフエディタの 2Dカーソル
現在のフレームは「タイムカーソル(Time Cursor)」と呼ばれる縦方向の緑の線で表されます。
タイムライン にあるように、現在のフレームは LMB Template-LMB.png を押すか、押し続けることで変えられます。
横方向の緑の線は「カーソル(Cursor)」と呼びます。これは ビュー(View)メニュー または ビュー(View)プロパティ パネルを使って無効にできます。
「タイムカーソル」と「カーソル」の交差が「2Dカーソル」になります。「2Dカーソル」は主に編集ツールとして使われます。

View Axes

(ビューの軸)

アクション では X軸は時間を表し、Y軸がそのプロパティに設定される値を表します。
ドライバ では X軸は ドライバの値 を、Y軸はそのプロパティに設定される値を表します。

選択したカーブによって、値の意味はさまざまです: 例えば回転(rotation)プロパティの単位は度(degrees)、位置(location)プロパティの単位は Blender Units です。ドライバ は回転プロパティの単位にラジアン(radians)を使うことに注意してください。

Markers

(マーカー)

他のアニメーションエディタと同様、マーカーはエディタの下部に表示されます。
グラフエディタのマーカー
マーカーグラフエディタ 内で編集できますが、通常は タイムライン を使うのが一番です。
詳しくは マーカーメニュー(eng)マーカー をご覧ください。

Header

(ヘッダー)

次の項目があります。
  • メニュー
  • グラフエディターのモード
  • ビュー(View)のコントロール
  • カーブ(Curve)のコントロール

Menus

(メニュー)

詳しくは Header Menus(eng) をご覧ください。

Header Controls

(ヘッダーコントロール)

グラフモード

モード(Mode)
Actions(eng) 用の F-カーブと、ドライバ 用のドライバ
ビューコントトール

ビュー(View)コントロール
選択中のものだけ表示(Show Only Selected)
選択中のオブジェクトおよびデータに関係するカーブだけを含めます。
非表示を表示(Show Hidden)
可視状態ではないオブジェクト、ボーンのカーブを含めます。
エラーのみ表示(Show Only Errors)
無効にされているかエラーのあるカーブだけを含めます。
検索フィルター(Search Filter)
検索語に含まれるキーワードを持つカーブだけを含めます。
タイプフィルター(Type Filter)
プロパティのデータタイプを条件に、カーブを抽出します。
正規化(Normalize)
値が 1.0 から -1.0 の範囲になるようにカーブを正規化します。
自動(Auto)
カーブ編集のたびに自動的にカーブの正規化を再計算します。
カーブのコントロール

カーブコントロール
自動スナップ(Auto Snap)
トランスフォーム時にキーフレームを自動的にスナップします。
自動スナップなし(No Auto-Snap)
タイムステップ(Time Step)
近接するフレーム(Nearest Frame)
近接するマーカー(Nearest Marker)
ピボットポイント(Pivot Point)
回転のピボットポイント。
バウンディングボックスの中心(Bounding Box Center)
選択中のキーフレームの中心
2D カーソル
2Dカーソルの中心。2Dカーソルとは、タイムカーソルとカーソルの位置です。
それぞれの中心(Individual Centers)
キーフレームそれぞれの「ベジエ」ハンドルを回転します。
キーフレームをコピー(Copy Keyframes) CtrlC
選択したキーフレームをメモリにコピーします。
キーフレームをペースト(Paste Keyframes) CtrlV
選択したカーブの現在のフレームに、メモリからキーフレームをペーストします。
スナップショットの作成(Create Snapshot)
カーブの現在の形を表す絵(ゴースト)を、グラフエディタの背景に表示します。

Channels Region

(チャネル領域)

チャネル領域
チャネル領域はグラフエディタのカーブを選んだり管理したりするのに使います。
カーブを隠す(Hide curve)
目のアイコンで表されます。
カーブの非アクティブ化/ミュート(Deactive/Mute curve)
スピーカーのアイコンで表されます。
カーブ編集のロック(Lock curve from editing)
南京錠のアイコンで表されます。

Channel Editing

(チャネルの編集)

チャネルの選択 LMB Template-LMB.png
複数選択/選択解除 ⇧ ShiftLMB Template-LMB.png
すべてを選択/すべてを選択解除 A
境界選択(Border Select) DragLMB Template-LMB.png または B DragLMB Template-LMB.png
境界選択解除(Border Deselect) ⇧ ShiftDragLMB Template-LMB.png または B ⇧ ShiftDragLMB Template-LMB.png
選択したものを削除(Delete Selected) X または Delete
選択したものをロック(Lock selected) ⇆ Tab
選択したものだけを可視化(Make only selected visible) V
選択したもののミュート(Mute)とロック(Lock)の有効化 ⇧ ShiftCtrlW
選択したもののミュート(Mute)と ロック(Lock)の無効化 AltW
選択したもののミュート(Mute)とロック(Lock)の切り替え ⇧ ShiftW
詳しくは Channel Menu(eng) をご覧ください。

Properties Region

(プロパティ領域)

プロパティ領域(Nキー) にあるパネル

View Properties Panel

(ビュープロパティパネル)

ビュープロパティパネル
カーソルを表示(Show Cursor)
縦方向の カーソル(Cursor) を表示します。
選択からカーソル(Cursor from Selection)
2Dカーソル を、選択中のキーフレームの中央に合わせます。
カーソル X(Cursor X)
タイムカーソル の X 位置。
キーに(To Keys)
選択中のキーフレームを タイムカーソル に合わせます。
カーソル Y(Cursor Y)
縦方向の カーソル の Y 位置。
キーに(To Keys)
選択中のキーフレームを カーソル に合わせます。

Active F-Curve Panel

(アクティブ F-カーブパネル)

アクティブ F-カーブパネル
アクティブな F-カーブのプロパティを表示するパネルです。
チャネル名(Channel Name) (X Location)
ID Type + チャネル名。
RNA Path
プロパティの RNA Path + 配列添字(Array index)。
カラーモード(Color Mode)
アクティブな F-カーブの彩色設定
自動で虹色に(Auto Rainbow)
F-カーブの HUE をチャネルインデックスに基いて増やします。
自動でXYZをRGB色に(Auto XYZ to RGB)
xyz位置のようなプロパティセットに対して、自動的に赤、緑、青の色セットを設定します。
ユーザー定義(User Defined)
アクティブな F-カーブに独自色を定義します。

Active Keyframe Panel

(アクティブキーフレームパネル)

アクティブキーフレームパネル
補間(Interpolation)
アクティブなキーフレームに、順方向の補間を設定します。
一定(Constant)
次のキーフレームまで同じ値を維持します。
直線/リニア(Linear)
次のキーフレームとの差分を取ります。
ベジエ(Bezier)
次のキーフレームまでの、ベジエ曲線による補間です。
キー(Key)
フレーム(Frame)
アクティブなキーフレームのフレームを設定します。
値(Value)
アクティブなキーフレームの値を設定します。
左ハンドル(Left Handle)
アクティブなキーフレームの、左補間ハンドルの位置を設定します。
右ハンドル(Right Handle)
アクティブなキーフレームの、右補間ハンドルの位置を設定します。

Drivers Panel

(ドライバーパネル)

ドライバーパネル
詳しくは Drivers Panel(eng) をご覧ください。

Modifiers Panel

(モディファイアパネル)

モディファイアパネル
詳しくは F-カーブモディファイア をご覧ください。

参考