From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

押す/引く(Push/Pull)

モード: オブジェクトモードおよび編集モード

メニュー: オブジェクト/メッシュ » トランスフォーム » 押す/引く

解説

押す/引く距離

押す/引く は選択要素(オブジェクト、頂点、辺、面)をお互いに近づける(押す)か遠ざける(引く)かします。具体的には、各要素は中心から同じ距離だけ近づくか、遠ざかるかします。この距離はマウスの上への移動(=押す)、下への移動(=引く)、数値入力、もしくはスライダーコントロールから指定します。

使い方

操作したい要素を選んで、押す/引く変形機能を実行します。押す/引くの実行は オブジェクト/メッシュ » トランスフォーム » 押す/引く メニューまたは ⇧ ShiftAを押して検索メニューから PushPull を検索して行います。移動量の指定はマウスを動かしながらインタラクティブに行うか、数値入力で行います。↵ Enter を押すとトランスフォームを確定します。確定されたトランスフォームは F6 かツールシェルフ (T) の距離のスライダーを動かすことでさらに編集できます。距離のスライダーは 押す/引く変形の確定後、他の操作をすると表示されません。


押す/引くの結果は選択要素(オブジェクト、頂点、面など)の数や種類によっても変わることに注意してください。以下は様々な要素への 押す/引く の実行結果です。

等間隔にあるオブジェクトを押しこむ
ランダム配置されたオブジェクトを押しこむ
2頂点を押しこみ、引っ張る
別々のメッシュにある辺を押し込み、引っ張る