From BlenderWiki

Jump to: navigation, search
Blender3D FreeTip.gif
IMPORTANT! Do not update this page!
We have moved the Blender User Manual to a new location. Please do not update this page, as it will be locked soon.

はじめに

このページはバージョン 2.48 のグリース・ペンシル ( Grease Pencil ) に関する項目に基づいて編集されていますThis page and its sub-pages are based on the grease pencil release logs for blender 2.48.

ビュー・ポート ( Viewport ) 上にフリーハンドによる腺をスケッチや注釈として描画する機能があり、共同作業中のやりとりや計画立案に非常に有用です。これは従来からの、ラフな"ガイドライン"で計画やアイディアについて即座に話し合っていた、鉛筆と紙による平面上の作業を基にしています。製作中の作品に、別の場所を用意する事無く (つまり別のウィンドウや、あるいは同時に別のアプリケーションを起動する事無く) 、直接的な描画を行える事はしばしば有用になります。

グリース・ペンシル ( Grease Pencil ) とは?

“Grease Pencil” という名称は、初期のCGアニメーターらが CRT ディスプレイに腺を描いたり計画を立てる際に、植物の油脂を利用したクレヨンあるいは鉛筆を利用した事への敬意の表れに由来します。

アニメーターがポーズやモーションカーブをについて考える場合だけでなく、グリース・ペンシルは以下に示す物を含んだ多くの状況でも有用になります:

  • 物体の形あるいはモデルのレイアウトを考える場合
  • ディレクターが動画のショットを評価するツールとして利用する場合
  • 教育をする人間が"ホワイトボード"や課題を評価するツールとして利用する場合
The Grease Pencil in action.

以下に示すいくつかのページではこのツールの使い方について述べられています: