From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.78: モデリング

Boolean(ブーリアン)モディファイアー

Exclamation mark.png

Boolean(ブーリアン)モディファイアーが、デフォルトでは Carve ではなく、BMesh を内部で使用するようになりました(両方とも利用可能のままです)。一般的でまともなブーリアンの使用では両方とも同じ結果になると思われますが、いくつかの標準的でない形状(閉じてない形状、「反転した」(要は法線が内向き)の物など)では違う結果になる可能性があります。限定されたケース(同一平面上など)ではどちらか一方では動作し、もう一方では動作しないかもしれません。


カーブ編集

  • 新しいフリーハンドのカーブ描画ツール。(8ac662c7)
    • アクセスは[Shift]+左マウスボタンまたは「Create(作成)」ツールバータブから。
    • ベジェカーブに対し、Tolerance(許容範囲)とCorner Angle(コーナー角度)オプションを持つカーブフィッティングを使用。
    • タブレット筆圧をカーブの Radius(半径)にマッピングするオプション。
    • Projection Depth(投影の深度)はストローク全体またはストローク開始位置にカーソルを使用したり、サーフェス上に描画できます。
    • 最初と最後の制御点への Taper Raius(テーパ―範囲)オプション。
    • Redo(やり直す)オペレーターと Python からの呼び出しに対応。8ac662c77aa59c9eea5fc85c4a40546bcb1b4557
  • 新しい Dissolve(溶解)ツール。ポイントを削除し、周囲のハンドルをリフィットします。(143f6c4b)

Decimate(ポリゴン数削減)

  • Nゴンに対応(三角面化を経由)。(57cff46c)
  • 最適化位置の計算の精度が倍に。(5ea27bec)
  • Edit Mode に Decimate(形状のポリゴン数削減)ツールを追加。(8bb69b61)

Bevel(ベベル)

  • Bevel ツールがPキーで切替後にマウス移動することでプロファイル(ベベル形状)を変更できるように。同様に、Sで切替後、マウス移動でセグメント数を変更できます。双方とも、各キーによる切替後に数値入力で値を設定可能です。

選択

Bmesh region fill.png
  • Path select(パス選択)が Fill Region(領域をフィル)オプション(または Ctrl⇧ ShiftRMB Template-RMB.png)で領域を選択可能に。(a55477d3)
  • "Snap Selection to Active(選択物 → アクティブ)" オプションをメニューに追加。(91556cb9)


メモリ消費量

  • Edit Mode(編集モード)の Undo(やり直し)のメモリの最適化。編集操作によってメモリ消費量が約1/5~1/15減ります。(91bfdacd)