From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.77: Modeling

モディファイアー

  • 対称を考慮した Decimate(ポリゴン数削減)。22931f2

ツール

編集モード中の Boolean(ブーリアン)

細かい形状でのブーリアン演算例

モディファイアーが非破壊な編集に便利である一方、Edit Mode(編集モード)用ツールの一つとしてアクセス可能なブーリアンは、編集をすばやく行うのに便利です。rBd70e0b66

デフォルトの挙動は形状の選択部分で非選択部分をカットし、Union(統合)や Intersection(交差)などの他のモードも選択可能です。

このツールへのアクセス:Mesh メニュー→ Faces → Intersect (Boolean)(メッシュメニュー→面→交差(ブーリアン))

現在の制限事項:

  • 完全に重なる面はエラーになります。
  • 演算の片側のいずれかが自分自身と交差している形状は(演算相手と交差する場合も)エラーになります。
現存のメッシュの形状をカットするシンプルなサンプル
Nゴンのある複雑な形状のカットにも対応


選択

  • 面の Path Select(パス選択): 三角形ファンでの挙動を改善。d47fbec
  • Path Select(パス選択): Face Stepping(飛ばして面選択)オプション。0a11831
    • 頂点と面で対角線のパスに対応
    • 辺選択時は辺リングを選択
  • Path Select(パス選択): チェッカー選択オプション(訳注:N番目を選択など)を追加。ec2ca11
  • Select Next/Prev(次/前のアクティブ)オペレーターを追加。5d118f6
  • Mirror(ミラー)選択が複数の軸に対応。eed28a1

その他

  • Triangulate(三角化)& Poke(扇状に分離)- Multires(多重解像度)データに対応。23344bc
  • Grid Fill(グリッドフィル)が均一でないグリッドに対応。d573bb4
  • Intersect(交差)ツール:穴に対応。単一の面に対し、多数のアウトラインをカット(孤立している領域間に辺を作成)します。c593855
  • Split Edges(辺で分離)ツールの改良
    • 辺による面の分離が孤立した辺に対応(従来は辺が面につながっている必要がありました)。a158a74
    • Split Edges(辺で分離)が頂点をつなぎ合わせ辺にするように(面の橋渡しをしている、または最終的につながっている辺がない、辺のチェーンを、面の境界内にある頂点をつなぎ合わせることで対応するように)。008c1db
    • 新しく作成された辺を全選択&不必要な辺を削除。4123b30

デフォルトプリミティブの UV レイアウト

大半のプリミティブ(Plane(平面)、Cube(立方体)、Circle(円)、UV/IcoSphere(UV・Ico球)、Tube(円柱)、Cone(円錐))の追加時、その新しい形状のデフォルトの UV 展開もできるようになりました。これは最初の UV レイヤー(必要に応じて追加)に設定されます。

このオプションはデフォルトでは OFF になっており、オペレータープロパティパネルにて有効にする必要があります。

rB3c6709a63c26D481T37879 も参照。