From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.76: ユーザーインターフェイス

ビューポート

メッシュの描画に内部的な最適化が行われ、メッシュデータの描画パフォーマンスとメモリ使用量が全体的に改善しました。

  • OpenGL による描画のインデックスが高効率に。

More efficient indexed drawing with OpenGL.

  • メッシュデータ構造からディスプレイバッファーへの変換がよりダイレクトに。
  • テッセレーショントライアングルのメモリ内ストレージの効率化。

これらの改善は複雑なシーンやスカルプティング、ペインティングにてより顕著に現れます。

コミットも参照してください( fbff0e68107e344013c39e90595a491ed47e56552411027a)。

Node Editor(ノードエディター)

ノードの自動オフセット

Nodes insert offset.jpg

"Auto-offset(自動オフセット)" は、ユーザーのワークフローを邪魔することなく、ノードレイアウトをインタラクティブに行うのに役立つ新機能です。(47bc66fc8dfe2)

入力・出力ソケットを最低一つずつ持つノードを、現存の二つのノード間のリンクにドラッグ&ドロップすることで、自動オフセットの方向の設定に従い、自働的にノードを左右に引き離し、新しいノードの入る隙間を作ります。

  • 自動オフセットはノードエディターのヘッダーから無効化できます。
  • ずらす方向はノード移動中にTで切替できます。
  • マージンは "Auto-offset Margin(自動オフセットの余白)" (User Preferences(ユーザー設定)→Editing(編集)タブ)で調整可能です。

自動オフセットはデフォルトで有効になっています。


下は Sebastian Koenig 氏による動画デモです。


その他の改良

  • ノード移動中のリンク上の判定に、もっと予測可能な方法を使用するように。ノード表面全体との交差を元にし、もし複数のリンクラインと交差している場合は、ノードの左上隅からの最短距離の物を使用します。(4041e654cd14)
  • グリッドスナップ値を減らしました。(rB40d19b519d)


File Browser(ファイルブラウザー)

矢印キーによる操作

ファイルリスト内を矢印キーで「歩きまわる」ことで、ファイルを選択できるようになりました。

  • 矢印キーのみで、その方向の次のファイルが選択され、他は非選択になります。
  • [Shift]+矢印キーで選択範囲が拡張され、さらにすでに(最低二つ以上並んだ)選択中のファイル上に移動することで、そのファイルを非選択にします。
  • [Ctrl]+[Shift]+矢印キーで、間のすべてのファイルをさらに選択・非選択にします。

何もファイルが選択されていない場合、矢印キーによる操作で、そのディレクトリの最初または最後のファイルを、その方向に従って選択します。

もし単一ディレクトリを選択し[Enter]キーを押すと、そのディレクトリに移動(そして一つ上のレベルに移動する「親」エントリがハイライト表示)します。

大半はrB939948c233841rBaeeb23efa28dc16e

ファイル読み込みコードの大幅なリファクタリング

ユーザーの観点から(rBf69e9681fa32f6f9

  • 「ロング」リスト描画モードからいくつかの情報(オーナー、パーミッション)を削除しました。OS 特有のデータであり、実際には Blender で問題にはならないからです!
  • ショート/ロングリスト表示を「固定」サイズにしました(サムネイルモードのように四つの中から選択)。
  • 複数のディレクトリツリーの層を(内部の .blend ファイルと実際のディレクトリを)一緒にリスト表示できるように。
  • これに伴い、データブロックタイプのフィルターを追加。
  • 大きなディレクトリのリスティング時、特にサムネイルモードでの RAM 使用量が減りました(数百MB単位保存していた場合の話)。
  • サムネイルの作成が高速に。

その他

  • ブックマーク:Windows のドライブがボリュームラベルも表示されるように。(rB26041f9357b02)
  • ブックマーク:Recent(最近利用したファイル)エントリが、可能な場合にマッチしたブックマーク済エントリと同じデフォルト名を取るように。(rB26041f9357b02)

モーダルキーマップフィードバックの改良

今まで、モーダルオペレーターがヘッダーに報告していたヘルプメッセージ(ご存じのように、Grab(移動)、Scale(拡大縮小)、Fly Navigation(フライナビゲーション)、Walk Navigation|(ウォークナビゲーション)などなど)は、モーダルキーマップを使用している時にさえ、テキスト中にハードコードされたショートカットのみ表示していました(つまり、これらのモーダルキーマップをカスタマイズしても、元々のショートカットがヘッダーに表示されていたのです…)。

いくつかのツールが私たちの UI コードに追加され、モーダルショートカットへのアクセス(と、大幅に一貫性のある表示)が可能になりました(rB947cdb3acd296d8)。これらを使用するため、各オペレーターには修正の必要があり、変更は徐々に行われる予定です。現時点では以下が更新されています。

  • 3DView(3Dビュー)の Walk Navigation(ウォークナビゲーション)。(rB1ace3272aa4fbde7).
  • 3DView(3Dビュー)の Fly Navigation(フライナビゲーション)。(rB36c15f41947c)

小さな改善

  • 回転スライダーのドラッグがデフォルトで1度単位にスナップしないようになりました(精度の低下)。この動作は通常のスナップツール([Ctrl]+[Shift]キー)で使用できます。
  • i18n フォントにタイとクメール語の文字セットを追加。(rBb610ec50de)
  • ビューでの選択:カスタムボーンのバウンディングボックスを使用するように。(rBc3fef001ee)