From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.75: Sequencer(シーケンサー)

Sequencer(シーケンサー)には以下のような改良があります: 欠けたフレームを置き換えるための Placeholder(場所の確保)オプション、単一カスタムディレクトリに対する複数のプロキシ格納の対応、ストリップ毎、またはオブジェクト毎にプロキシを格納するオプション。

Proxies(プロキシ)

  • ディレクトリ名に動画ファイル名を付け加えることで、複数のプロキシを同じカスタムディレクトリに格納できるように。
  • プロキスストレージ用の新しいオプション、"Project(投影)" は、すべてのプロキシをストリップ単位に格納するのではなく、プロジェクトフォルダ単位で格納できるようにします。

画像の場所の確保

連番画像で場所を確保するファイルが使用可能になりました。Image(画像)ストリップ追加時、"Use Placeholders(場所の確保)" をチェックすると利用できます。Blender のフレーム命名規則(ファイル名<フレーム番号>.拡張子)を使用して開いた画像のフレーム範囲を求め、欠けているフレームがあっても、その間の全ファイルの連番画像を作成します。

これにより、ユーザーが数フレーム欠けた連番画像をレンダリングできるようにし、なおかつその Image(画像)ストリップは、欠けたフレームからなる、正しい範囲を持つようにします。欠けたフレームがレンダリングされた時、ユーザーはシーケンサーをリフレッシュし、ストリップ内の欠けたフレームを取得できます。

この機能は "change paths"(yamyam注:"Change Data/Files"(データ/ファイルを変更)?)オペレーター使用時も利用可能で、ユーザーがその範囲に画像を追加できます。

Placeholder(場所の確保)オプション。二つの端のフレームを選択することで、欠けている部分があっても間の全フレームがインポートされます
中間の全ファイルがない、二つの同じ画像を選択することで、黒で表示される欠けたフレームで埋めた同じ範囲がインポートされます。これらの画像がレンダリング、または同じフォルダーに置かれた場合、シーケンサーのリフレッシュで正しく表示します。

その他

  • マスクアニメーションがストリップでずらせるように。ストリップを動かし、マスクアニメーションとの同期を正しく保つことができます(参考: T43986rB6786ef6783fa))。