From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.75: モデリング

モデリングには以下の改良が行われています:デフォーム部分をスムーズにする、Corrective Smooth(修正スムーズ)モディファイアーが新規追加、Decimate(ポリゴン数削減)モディファイアーが改善、Metaball(メタボール)は大幅にパフォーマンスが向上し、Rip(切り裂き)ツールに新しい分割方法が付き、Edge Slide(辺スライド)は範囲選択なしで実行できるように。Subdivide Smooth(細分化(スムーズ))の出力が改善され、さらに選択にはオプションが追加…。

モディファイアー

Corrective Smooth(修正スムーズ)モディファイアー

いかに corrective smooth(修正スムーズ)が、アーマチュア変形による歪みに役立つかを見せる極端な例

新しい Corrective Smooth(修正スムーズ)モディファイアーは、醜くデフォームされた部分をスムーズにします。(c16a8983efba9e)

Blender Manual(英文)にはさらに情報があります。


Decimate(ポリゴン数削減)モディファイアー

フラットな面が残念なトポロジーになっていました
  • ウェイトの影響力のスケーリング対応により、ウェイトによるポリゴン数削減の品質を改善。(455ca1b28f140)



ツール

  • Subdivide smooth(細分化(スムーズ))がもっと均等な出力をするように。(6e02f1da74a523)
  • Rip(切り裂き)ツール:別のつながっている領域などへの分離の対応が改善。
  • Edge Slide(辺スライド):制限なしのスライドに対応([Alt]キーを押しながらで、境界を越えてスライドできます)。(e3b0d5e99ba70a5)



選択

Select Linked(リンク選択)、辺の表示、マテリアルで区切り(従来は不可能)
  • Checker de-select(チェッカー選択解除)に、もっとコントロールしやすくなるよう Skip Step(スキップ)オプションがつきました。(1dd1d286c67ef1)
  • Select linked(リンク選択):Delimiter(区切り)オプションの改良と、Vertex(頂点)・Edge(辺)選択モードへの対応。
    • 別タイプの区切りに対応(UV、Sharp Edge(シャープ)、Material(マテリアル)) (5cc55486eee7ab3aa4a0e787993dd)
    • Select Linked(リンク選択、[L]キーでマウスカーソル下の物を選択)が、Redo(繰り返し)に対応。(dddb4f655c554)



Metaball(メタボール)

  • 形状の計算が大幅にスピードアップしました(オクツリーを BVH で置き換え)。(98f41066943d8b1cf)



Material Assign(マテリアル割り当て)

  • マテリアルスロットウイジェットがスロット順を変更できるように。(4288ab16e5c83bd)

    デモ動画: https://www.youtube.com/watch?v=1dUT_qO2E6c

    Exclamation mark.png
    これはポリゴンのマテリアルインデックスに影響を与えます
    (ポリゴンがマテリアルスロットインデックスによって割り当てられたマテリアルを参照しているため)。