From BlenderWiki

Jump to: navigation, search

Blender 2.72: コンポジティング

Sun Beams(サンビーム)

Interior windows light shafts File:Windows.blend

Sun Beams(サンビーム、別名「天使の梯子」)は、媒体中で光が散乱して輝く効果をシミュレートする2Dエフェクトです(薄明光線)。この現象はレンダラでも作成可能ですが、完全なボリューメトリックライティングは面倒なアプローチであり、レンダリング時間が多く取られます。また、2D画像のみで作業している時、ボリューメトリックデータは利用できません。このような場合に、この "Sun Beams(サンビーム)" ノードは画像の輝度のみを元にした、簡単な計算で納得できるエフェクトを作成する方法を提供します。

薄明光線 File:Sky.blend
天使のはしごエフェクト File:God ray.blend

使用方法

Sunbeams usage.png

通常は最初にレイが発射される領域を決めます。サーフェスからのディフューズ反射の光はこのような現実での散乱には全く寄与しないため、入力データから排除すべきです。 これを実現する方法は、

  • ライトソースとして画像を完全に分離します
  • 最も明るい領域のみが残るよう、輝度/コントラストを調整します
  • 影と中間トーン(midtone)をミュートします。これは若干柔軟性があります
  • 最終的なコントロールにはマスキングを行います

サンビームをライトソース画像などから生成した後、元の画像に重ね合わせます。通常はシンプルな "Add(追加)" Mix(ミックス)ノードで十分で、散乱した光が最終結果に加算されるため、物理的にも正しい方法です。